うつ病の症状をチェック~早めの治療で健やかに~

身体的な症状

うつ病には身体的に出てくる症状があります。多くの人が感じるものが疲労感です。何もしていないのにひどい疲れを感じることや、体が重くて起き上がるのが大変と感じることが多くなります。また、体の動きが全体的に遅くなり、時間がかかるようになることや、口数が減り声が小さくなってしまうということもあります。また、睡眠に関しても症状が出てきます。寝付きが悪くなり、途中で目がさめることが多くなります。不規則な睡眠時間から朝起きれなくなってしまう場合や、普段よりも多く睡眠を取るという人もいます。食欲に関しても、食欲減退や逆に食欲旺盛になるということが多いです。甘いものが異常に欲しくなるということもあります。他にも頭痛や肩こり、胃痛、めまい、性欲減退等の症状が出てくることがあります。自分自身の最近の体調をチェックして、思い当たる症状があった場合は早めに病院に相談を行うことが大切です。

うつ病は精神的な症状と身体的な症状が両方出てくることが多いです。しかし、中には精神症状がなく、身体的な症状が先に現れるというものがあります。仮面うつ病と呼ばれるうつ病で、内科的な検査を行っても原因がはっきりしません。精神的な症状がないことから、周囲や本人もうつ病と気づきにくく、発見が遅れることが遅くなる場合があります。対応が遅くなることから、深刻な症状に発展することもあります。精神的な症状がないけれども身体的な症状が現れているという場合、病院に相談してみることも大切です。体の原因不明の不調が続いている場合、インターネット等でうつ病のチェックを行い、思い当たるものがないか、チェックを行うことが大切です。