うつ病の症状をチェック~早めの治療で健やかに~

精神的な症状

うつ病の症状には精神的に現れるものと、身体的に現れるものの二つがあります。精神的な症状と肉体的な症状が複数認められる場合に、うつ病と診断されることがあります。うつ病かどうか、事前にインターネットでチェックを行うことができます。また、病院でも問診等で様々な質問が行われます。うつ病で現れる精神的な症状として、気分がふさぎこみ、憂鬱に感じることが多くなります。理由もなく寂しさや悲しさを感じることがあり、不安や焦りという気持ちを感じることが多くなります。自分を責めて、存在価値を薄く感じることが普段よりも多くなります。また、それまで感じなかったイライラを感じるようなことも増えてきます。イライラは不安や焦りから来ることが多く、いなくなりたいと考えることが多くなってきます。これらの症状にチェックがいくつか入り、なおかつ症状が続いているという場合は、早めに病院に行くことが必要になります。

うつ病チェックの中には、思考や意欲に関する質問がされることがあります。思考では、集中力がなくなってしまうことや、判断力の低下、決断力がなくなるということがあります。また、これまでできていた仕事ができなくなることや、時間がかかってしまうということもあります。意欲に関する質問として、行動力がなくなり、人と話すことが面倒に感じるということがあります。好きなことや趣味にもだんだんと興味がなくなり、ぼーっとする時間が増えてくる等様々なことがあります。思考や意欲に関するチェックでは、それまでできていたことに関する質問や、人と接する気力等について質問されることがあります。これまでと異なることが多くなり、やる気もなくなっているという場合、うつ病の可能性があります。