うつ病の症状をチェック~早めの治療で健やかに~

薬物療法と精神療法

うつ病治療は薬物療法が中心となって行われます。うつ病は脳の病気です。脳内の神経細胞同士の伝達物質に異常があるのがうつ病です。バランスをもとに戻すためには、薬物での治療がメインとなります。精神的な不安や緊張を取る働きがあり、苦痛を和らげ睡眠を正常に戻していきます。多くの症状に有効かつ、即効性が期待できる治療法です。薬には軽い副作用が発生することが多いです。飲み合わせや薬の分量等は医師によって決められていきます。もし、事前になにか薬を服用しているという場合や、持病があるという場合は医師と相談して薬を決めることが大切です。事前に問診等でチェックされるので、飲んでいる薬がある場合は、薬の名前をチェックして医師に相談を行うことが大切です。

うつ病の治療で、精神療法と呼ばれる治療が行われることがあります。カウンセリングと呼ばれる心理的なアプローチで、うつ病に至った性格的要因や、発症の引き金、環境的要因等を自分で細かい部分をチェックして見つめなおすというものです。また、再発を繰り返さないためにどのような考え方をしたらいいのか等を自分で深く理解することで、自分自身に変化や成長をもたらすというものです。精神療法は、人によって力量が大きく代わります。事前にインターネット等で評判の良い所や医師をチェックして通うことが大切です。また、精神療法を始めるタイミングは医師と相談することが大切です。心のエネルギーがない状態では精神療法はかえって負担になります。休養や薬でしっかりと体と気力の充電を行ったあとに、行うことが大切です。